ニュース&トピックス

この度、本社第2ビルの省エネ改修工事を行い、国土交通省告示に基づく、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)において、BEI=0.73となり、三つ星評価(★★★☆☆)を2017年1月31日取得致しました。

BELSとは、「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System」の頭文字を取った略称で、省エネ性能という基準(「外皮の断熱性能」+「一次エネルギー消費量」)を基に建物の”燃費性能”を評価するものです。

2020年までに、新築の建築物で省エネ基準への適合が義務化され、2030年までには、新築公共建築物でのZEB((Net)Zero Energy Building)化実現の流れの中で、建築業の弊社は、自社ビルを省エネ基準に適合させることが、省エネノウハウ蓄積の観点から重要と考え、今回の省エネ改修工事を施工致しました。

これからも弊社は、お客様へより良い品質の建物と、優れた省エネ性能を持ち併せた建物の提供をしてまいります。

 

   BELS評価プレート