あたりまえを大切に。川口土建

沿革・社史

1921年(大正10年)に創業以来、間もなく100年の歴史を迎えようとする「川口土建」。
時代の変化を読み取り、その時その時に求められるニーズに応え続けて、地域の皆様から信頼される企業であるべく、歩みを続けています。
川口土建の歴史、それは、あたりまえを積み重ねてきた歴史です。

  1. 1921(大正10年)
    古川朝義、川口にて建設業を創業。
  2. 1944(昭和19年)
    「川口土木建築工業株式会社」設立。
  3. 1965(昭和40年)
    RC構造の施工に着手。
  4. 1971(昭和46年)
    古川武彦社長就任。
  5. 1975(昭和50年)
    地元川口市の小・中学校、埼玉県の県立高校の工事をはじめ、官公庁を主として工事実績を積む。
    県立川口東高校(1978・昭和53年8月)
  6. 1976(昭和51年)
    本社ビル完成。
  7. 1985(昭和60年)
    川口・戸田エリアのベッドタウン化に伴い、設計部門を強化。
  8. 1989(平成元年)
    一貫した設計・施工で、賃貸マンションの受注に特化。
  9. 1996(平成8年)
    本社第2ビル完成。
  10. 1998(平成10年)
    埼玉県内を中心に、分譲マンションを請負受注。自社分譲事業も開始。
  11. 1999(平成11年)
    自社ブランドマンション第1号「グランシエロ川口」完成。ISO9001認証取得。
  12. 2003(平成15年)
    川口1丁目1番第1種市街地再開発「キュポ・ラ」JV工事参加。ISO14001認証取得。
  13. 2006(平成18年)
    古川元一社長就任。
  14. 2008(平成20年)
    大手デベロッパーの受注を増やし、盤石な経営体質を築くべく務める。
  15. 2015(平成27年)
    ウエリス浦和美園(総戸数697戸)を単独にて設計・施工受注。